忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
プロローグ
 此所に一つの湖がある。
 正確には湖ではなくて『巨大な水溜まり』とした方が正しい。流れ込む河川が無く、底から湧き出る湧水で水量が維持されているのは、法的には水溜まりに分類される。
 そして今、其れは人と同じく眠っている。緩やかに降る月光を掛け布団にして、正に快眠だ。
 水中に住まう生物も活動を控えて住まいを休ませ、より長く環境が続くように自身も休む。
 辺りは人間に馴染みの薄い、純度の高い静寂にすっかり包まれていた。
 流れ込む河川が無いから、それに乗って音が来る事も無い。無論、空から音を落とす無粋な輩も殆んどいない。
 そんな恵まれている場所へ、ふいに風が水面を吹き抜けて、細波を起こした。
 風に誘われるままに細波は進む。進んで進んで、湖の中心の所で、唐突にぶつかった。
 後続の波も次々にぶつかり、どれも突破出来ずに、底へ沈んでいく。
 事が起きている遥か宙には、見事な満月が静かに在る。
 人間は昔から、眼で見て、体で感じた物を畏怖しては神格を与えて奉り、日本人は月に対して『月讀』を配した。対である太陽に『天照』は言うまでもない。さらには火や水や風や雷や土等々、この国の『表向き』にはカミが溢れているのだ。
 先程の波の件、原因は至極簡単だ。御座所にぶつかったのだ。
 端からは水面に座している少女。藤色の髪を風に靡かせ、髪と同じ色のチューブトップのマキシワンピースを着て、其の上にジージャンを重ね着し、のどかに月見をしている。
 外見は高校生といったところで、月光に照らされた顔はあどけなく、浮かぶ微笑みは愛らしい。しかし側頭部からは、立派な一対の角が後ろに向かって生えている。水神として名高い『龍』の物だ。
 ふいに少女は履いていたカントリーブーツとスニーカーソックスを脱ぎ、御座所の縁に移動して、ちゃぽんと両脚を浸した。
 明日の予定に思いを馳せて火照っていた自分に、四月目前の水温は何とも心地好い。泳ぎたかったが、学校のプールで見掛ける『腰掛け』のバタ脚で我慢をする。暫くそうして静寂を乱し、楽しみを出来る限りに増幅させていく。
 漸く縁から足を揚げ、付いている水を飛ばしてソックスとブーツを履く。そして立ち上がって眼を閉じると、彼女が身に着けている衣服や靴、更には彼女自身が末端から徐々に水と一体化していき、終いには完全なる『水』となって消えていった。
 御座所が無くなった水面は波紋さえ浮かべる事も無い。
 只々、其処は静かであった。
PR
【2010/08/16 16:20 】 | コマザワレイコと七柱 | 有り難いご意見(0)
| ホーム |